目次
目次

こんにゃく じゃーなる

[料理のプロ×こんにゃく]

相性◎!? 蒟蒻meets洋食

 


Web

本サイト「こんにゃく じゃーなる」は、2019年10月10日でついに5周年! 同時に新商品「神々の蒟蒻」も発売となります。

 

これを記念して、シャチョーくん渾身の新作「神々の蒟蒻」×日光の老舗洋食店がコラボ! 洋食meetsこんにゃく!? これが意外にイケるんです。

 

老舗の味が気になる方も、こんにゃくのNewな調理例を知りたい方も、必見ですよ〜。

 

IMG_3229.u

JR今市駅から徒歩で550m。
創業1956年!

店名は、現マスターの祖父
“金子安長”の名から。

 

伺ったのは「洋食屋 金長(かねちょう)」。住所は、シャチョーくんが営む北野谷商店と同じ日光市! この地で63年、愛され続けている老舗店です。

 

カレー・ハヤシ・オムライスの“3ライス”、とんかつ・めんちかつなどお馴染みの洋食に加え、マスターのひらめきで生まれる新メニューも提供!

 

「ハンバーグとオムライスは、オリジナルのデミグラスソースがかかってて。酸味控えめのデミソース、まろやかでとろけそう〜❤︎」と、シャチョーくんもかなりのお気に入り。
2019-.u


なぜ“神々”かは、
この記事をチェック。

 

そんな「金長」さんに調理いただくのは、10月10日発売の新作「神々の蒟蒻」です。

 

「神々の蒟蒻」の特徴の1つは、凝固剤に「シェルライム」を使っていること!「シェルライム」は、ホタテの貝殻から作ったカルシウム。

 

希少で高価ですが、凝固剤としてよく使われる水酸化カルシウムと違って、こんにゃく特有のニオイが気にならないんです。

DSC_0267.u

「金長」3代目のマスター!
4代目とともに営業中。

 

でもホントに洋食に合うの? ということで、マスターに伺うと……。

 

「こんにゃくは、味を邪魔しない食材。だから、どんな洋食にも合うと思うよ。とくに『神々の蒟蒻』は食感がイイ。独特の匂いも少なくて、料理の味を邪魔しないね」

 

ではさっそく、“神々の蒟蒻 meets 金長”のスペシャルメニューを見せていただきましょう。

DSC_0242_kai.u
「こんカツ デミソース」★

 

薄くスライスしたこんにゃくで、ひき肉をサンド。それをカツとして揚げ、「金長」自慢のデミソースをたっぷりと!

DSC_0246_kai.u 2

肉の旨味&ジューシーさ

meets

こんにゃく食感。

 

食べてみると、こんにゃく臭ゼロ! さすが『神々の蒟蒻』。そして、マイルドなデミソース×こんにゃくの相性が抜群。

 

マスター、この味、どうしたらマネできるんでしょうか?!

 

「市販のデミソースを使うなら、 下記の感じがオススメだね」

 

1) デミソース缶詰をトマトソースで半分に薄める
2) コンソメ・塩・こしょうで味を調整
3) 隠し味にしょう油
4) タッパーなどに保存。使う分だけフライパンにとり煮詰めて使う

 

「煮詰めるときに、ワイン・バターなどを加えると尚ヨシ。煮詰めるほどに、こんにゃくのように淡白な味の食材にも合うデミソースになるよ」

 

また、「こんにゃくは色んな洋食に合いそう。さいの目に切ってカレーに入れたり、ハンバーグやオムレツに入れても美味しいんじゃないかな」とマスター。
DSC_0287_kai

車に祭、石原裕次郎…etc.

店内は名物マスターの

好きなモノてんこ盛り★

 

今回ご紹介した「こんカツ デミソース」は、10月10日から500円(税別/夜のみ)でご提供。現在お店にある「神々の蒟蒻」がなくなり次第終了の限定メニューです。

 

まずは、プロの味を食し、自宅でも“こんにゃく meets 洋食”にチャレンジしてみてくださいね〜!

 

 

■Today’s プロの店■
DSC_0279_kai 2.u

洋食屋 金長 

 

栃木県日光市今市364番地

TEL:0288-21-0825

 

〈Check〉

3e5f6604bf1b808a347ace879b5d8f93_s

ご紹介したメニュー、なぜ「こんカツ(蒟カツ)」かって? それは「日光二荒山神社」が、近年、縁結び(婚活)のパワースポットとして注目を集めているから!

 

二荒山神社は、ユネスコ世界遺産に登録されている「日光の社寺」の1つ。祀られているのは、「神々の蒟蒻」の名前の由来となった二荒神です。写真は境内の神橋。四季織々の表情を見せてくれますよー。

 

IMG_3246.u

 

二荒山神社恋愛成就を祈ったら、「洋食店 金長」にも足をお運びくださいネ。初めて訪れても、どこか懐かしさを感じる内装&味わいです。

 

「こんカツ デミソース」がメニューとしてある間は、写真のような“気まぐれこんにゃくメニュー”も注文できちゃうかも?! 

 

「こんカツ」がない時だって、マスターが腕を振るう“白米に合う洋食”は絶品。「金長」で、美味しいひと時をお過ごしくださーい♪